会長ごあいさつ
全技協の概要
全技協の組織
全技協の沿革
各関連機関との関係
全技協の活動内容
取り扱い商品について
全技協への入会について
よくある質問

トップページ> よくある質問

よくある質問

  1. アジャスターとは?
  2. 全技協会員はどんな仕事をしているのですか?
  3. 保険会社、共済などの方が調査を依頼する場合どうしたらいいですか?
  4. 個人の方が調査を依頼することはできますか?

1.アジャスターとは?

  • アジャスターとは、技術アジャスターと特殊車アジャスターの2種類があり、社団法人日本損害保険協会にアジャスター登録された人をいいます。
  • アジャスターの仕事は、保険事故に関わる損害車両の損害額、事故の原因などの調査確認とそれらに付随する業務を行なっています。
  • アジャスターは特定の損害保険会社や損調会社に所属するアジャスターと、どこにも所属せずに複数の損害保険会社等から仕事を請け負っている独立した事業者のアジャスターに分かれます。
  • 全技協会員は、独立事業者のアジャスターの中で、審査により入会が認められたアジャスターによって構成され、会員相互の協力により、各種研究や研修会を開催し、技術レベルの向上を図っています。

2.全技協会員はどんな仕事をしているのですか?

  • 全技協会員はいずれの損害保険会社、共済などにも属さず、複数の損害保険会社、共済などからの依頼により、保険事故の損害調査を行なっています。
  • 全技協会員には、昔の鑑定人制度時代から仕事をしている方や損調会社アジャスターのOBなど、ベテランのアジャスターが多く、輸入車・トラック・特殊車の事故事案、難事案の損害調査、整合性などの調査を得意としています。
  • 全技協会員は独立の事業者なので、土、日、祝日の仕事の依頼があった場合でも対応でき、頼りになります。
  • 広域災害の時に役に立つのも全技協会員です。広域災害の時には損害保険会社は一挙に人手不足になりがちですが、全技協会員は補完的役割を担っているといえます。

このようにいろいろな意味で社会的役割を担っているといえます。

3.保険会社、共済などの方が調査を依頼する場合どうしたらいいですか?

  • 毎年8月末に、損害保険会社、共済などのお客様に、協会会員の名簿(お客様用)を配布していますので、地域の会員へ個別に電話するなどして調査依頼してください。
    なお、協会会員の名簿(お客様用)が手元にない場合は、貴殿の会社のご本部へお問い合わせください。ご本部にもない場合は、全技協本部へお問い合わせください。
  • 土日祝日や緊急対応の必要があった場合は、JAAネットをご利用になると便利です。なお、土日祝日の対応は、極力、数日前の平日に仕事の発注をお願いします。

4.個人の方が調査を依頼することはできますか?

  • 保険に入っていないで事故を起こしてしまい、見積をしてほしいなどの依頼がありますが、アジャスターは、保険事故に関わる調査業務を行なうことになっていますので、無保険での調査依頼は残念ながらお受けできません。
  • 相手が無理を言ってくるので困っているなどの相談や、示談をしてほしいなどは、弁護士法の問題があり、お手伝いできませんのでご理解ください。
  • 裁判(調停)になったような事案の損害調査については、裁判所を経由して、全技協本部へご相談ください。公平、中立な第三者的立場で対応いたします。

このページの先頭へ